④「神」7 首(2020/9/3~9/6)



#01

足首を神に捧げて歩きゆくこの世界にてこの身体にて


#02

神によるダンスのような生活を送り始める踊り始める


#03

不安とは身体の状態不安とは身体の状態身体労われ


#04

愚か者の中にはきっと神がいる愚か者とはお前のことだ


#05

神様のように我がまま通したし我が物顔で生きていきたし


#06

人生は足首による支配から抜け出すことが一度も出来ない


#07

足首やあなたのおかげで動けます旅するように神の元まで



(2020/9/3~9/6)

Written by 新 隼人


#01 あまりにも天才だからやめてみた天才たちの夢の続きへ #02 詠まないと決めて生きれば溢れ出る君は死んだと改めて知り #03 勘違いこの世は僕の為じゃなく 僕らのセンスの為だけに在る #04 母だけは平穏無事に送りたいそんな気持ちも忘れたりして #05 動物の欲望×0 をする燃え尽きた先新たな世界 #06 恐ろしきてんさい抱え生きてゆく実は楽しいことだけでなく #07 天の才天からの才理解す

#01 昇華する身内、同僚、愚か者 自分も愚かと理解し刻む #02 永遠の好奇心から始まりし新たなる旅新たなる自分 #03 死の恐怖取り除くには準備のみ入念にして丁寧にして #04 神様は生きたり死んだり繰り返すその境界は有耶無耶である #05 芝居とは人生そのもの無理しない努力もしないただあるがまま #06 肉体の一つを私と捉えたり 私の仕事は昇華すること #07 頼れるは時間の経過と己のみ長い

#01 ざまあみろ馬鹿は一生直らない残念だけど直ることない #02 地獄へと落ちてしまえと神の声やっぱり神も時にはキレる #03 死ねばいいとにかく一度死んじまえありがとうって言わないやつは #04 眼中に人は入れないひたすらにひたすらに今この生だけに #05 生きる意味ない人間が目の前にそもそも人は地球に不要 #06 終わりとは自分の中に燃え盛る炎を消して優しくなること #07 全て無視するため